« 人生相談 | トップページ | 【彩華(さいか)】 »

謝れば楽になる

ミスを指摘されるのが嫌だ。
私の怒りのツボがそんなちっちゃいところにあるというのも、我ながら情けない事だと思うが、そのことに気が付いたのは自分にとって大きな前進だった。
ミスを咎められていい気分になる人はいない。でも、私の場合は極端にそれを嫌う。
実際に咎められていない場面でも、暗にとがめられているように感じたときには、相手を攻撃したり、ものすごく落ち込んでしまったり、やる気が失せたりしてしまう。

ミスを指摘されるのが、なぜそれほどまでに嫌なのか。
自分は「出来る人」「いい人」と思われていたい。
完璧でありたい。いや、「完璧な人」と見られたい。
だから失敗は許されない、ありえない。
それは周りから等身大以上に良く見られたいという、ゆがんだ願望なのであって、自分自身の向上心とは違うところにある。

逆に、私のようなタイプの人間は、人から感謝される、褒められる、認められるということに極端な執着を見せ、そうされることによってモチベーションも得られえるが、へたをすると、エスカレートして自分の限界以上に頑張ってしまったり、感謝されたいがゆえにおせっかいをしてしまったりしがちだ。私がうつになったのはそういうところに原因があるのかもしれない。まぁ、そのあたりのことことは今回はおいておいて、話を戻す。

何か言われたとき、何かトラブルが起こったときに、自分に非があっても、無意識に「自分ではなくほかに非がある」と考え、とっさにそれに基づいた行動をとってしまう。そして、なんだか嫌な気分でいっぱいになる。
そんなときにちょっと、落ち着いて、考えてみる。
本当は、自分が悪かったのではないか?
全部ではないとしても、自分にも悪いところがあったのではないか?

少し冷静になってから、自分の悪いところを認めて、素直に謝ってみる。
「ちょっと私の言い方もひどかったと思う。ごめんなさい」
「勘違いしておりました、申し訳ありません。」
それを口にしたときに、すっと心が楽になるのを感じる。
いままで大きな問題だと思っていたことが、たいしたことではなかったことに気がつく。
とっさに怒ってしまったあとでも十分、間に合う。

今までの私は、自分のミスからトラブルが起こるのを恐れるがゆえに、仕事にすごく時間が掛かってしまったり、外出したときに何か忘れ物をしたのではないかとひどく心配になったり、新しいことにチャレンジするのが苦手だったりしていた。

こうして、自分のダメなところもすこしずつ認めていき、多少ミスをしても大事にはならないんだという経験を数踏んでいけば、本当の自信がついてくるのではないかと思う。そして人から良く見られたいという、変なプライドを捨て去ることが出来たとき、初めて成長していけるのではないかと期待している。

|

« 人生相談 | トップページ | 【彩華(さいか)】 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 謝れば楽になる:

« 人生相談 | トップページ | 【彩華(さいか)】 »